北区

三岳山の三岳神社に車を止めて頂上まで登ってみました。
と、いきなり看板が。三岳城址を親切に紹介してくれています。
要約するとこんな記事です。
井伊氏の築いた諸城の内の本城です。南北朝時代、後醍醐天皇の皇子宗良親王が入城したことにより南朝勢力における遠江の拠点とされた・・・・が足利尊氏勢の大軍に攻められ大平城も攻め落とされ南朝の拠点が失われた。
この城は、山頂から尾根に沿って細長く築かれ、一の城、二の城、三の城と分かれ深い谷や急な斜面など峻嶮な自然な地形を巧みに利用し、中世城郭の典型的な形態を有している。(ほとんど看板の抜粋です)

引佐町散策の看板

これから登るのは一の城です。
これくらいの道なら楽勝! って思ってました。

山道

途中から道の状態が変わりました。細く急こう配です。
何かにつかまったりして登った方が安全か?

頂上につきました。少し広くなっています。やはり素晴らしい景色です。
登ってみると所要時間は20分くらいでした。

一の城本丸

トラックバックURL

ページ上部に
ルミガン