浜名湖

2010年9月7日 | 浜名湖 | コメント/トラックバック (0)

浜名湖のアマモ場

先月、弁天島の前の瀬に渡った記事を掲載しましたが、一つ書き忘れたことがありました。
というか知らなくて書けなかったんですが、昨日配布されてきた「広報はままつ」で全て謎が説けました。

前の瀬に渡った大鳥居から西の方面ですね。
時に広い砂浜のまだ海につかっている部分が植物に覆われています。
なんの植物かわかりませんがしっかり根をはっていました。
よくよく見ると小魚がいっぱい。
干潮が進んで周りが砂浜の状態になっても植物のある部分はある程度の深さがあり
小魚が生息するには十分です。
昨日の広報でこの植物は「アマモ」であることを知らされました。
またこの群生を「アマモ場」であることも教えらました。
「アマモ場」は「海のゆりかご」とも。
確かに生まれたばかりの魚やカニや蛸などが育っていくには素晴らしい環境なんだと思えました。

詳しくはこちらでご覧ください。浜名湖里海の会
アマモ場観察会

トラックバックURL

ページ上部に
ルミガン